ポンテヴェキオ

誕生日に贈るなら、誕生石を使った婚約指輪

婚約指輪の宝石といえばダイヤモンドが人気ですが、誕生石を使ってふたりらしさを出すのも素敵です。

婚約指輪に使われる宝石といえば、何と言ってもダイヤモンドが人気ですが、誕生石を主役にした婚約指輪や結婚指輪も特別感があって素敵です。

今回は、婚約指輪におすすめの誕生石を使った婚約指輪デザインをご提案したいと思います。

誕生石使いで、特別感のある婚約指輪はいかが?

vol36_img1

婚約指輪はダイヤモンドが最も一般的で人気がありますが、実はそれ以外にも「誕生石」を選ぶ人が少なくありません。

自分の生まれた月の宝石を“パワーストーン”として身に着けることで運気が上がるとも言われているので、ダイヤが主役の婚約指輪でも、サイドストーンやリングの内側に埋め込むなど、デザインや使い方しだいで石の力の加護を受けることができるかもしれません。

あなたの誕生石が持っている意味を知る

誕生石とは、1月から12月まで生まれた月ごとに決められた宝石のことで、その由来は18世紀にユダヤ人宝石商によって商用的に広められたものと言われています。

しかしながら、はるか昔からトルコ石が幸運をもたらし、エメラルドが病気を治すなど、「宝石」に神秘的な力が宿っていると信じられていることも、真実です。

占いなどと同じで“科学的な根拠”なんてことは言えませんが、意味を込めて装飾した、思いの詰まった婚約指輪なら、信じる者には幸運を招き、災いから身を守ってくれることがあるかもしれません。

まずは、それぞれの意味を知って、気軽に選んでみてはいかがでしょうか。

■1月の誕生石

ガーネット…真実、友愛、忠実、貞節
実りの象徴とされるガーネットは、努力を実らせ成功へ導くとされる宝石。生きる勇気とパワー、向上心を高めます。

 

■2月の誕生石

アメシスト…誠実、心の平和

高貴な紫色のアメシストは、古代から愛されてきました。精神的な不安や迷いを断って安らぎをもたらしてくれます。

 

■3月の誕生石

アクアマリン…勇敢、聡明、沈着
「海の水」を意味するアクアマリン。愛の中に生命力と創造性をもたらし、優しく清らかな心を与えてくれます。 〈その他〉

 

コーラル(珊瑚)…確実な成長、家長の威厳、帝王、長寿、聡明、幸福

 

ブラッドストーン…堅固、勇気、勇敢、献身、沈着、聡明、救いの力

 

■4月の誕生石

ダイヤモンド …純真無垢、純潔
自然界で最も硬い鉱物で、古くから宝石の王として扱われてきました。白く無垢な輝きとその硬さから、永遠の愛の象徴とされています。

 

〈その他〉
クリスタル…完璧・神秘・冷静

 

■5月の誕生石

エメラルド…幸運、幸福、健康
古来より心を穏やかにすると信じられてきました。心身のパワーを増幅して思考力を高め、ひらめきを与えてくれます。

 

〈その他〉

ジェイド(翡翠)…調和、飛躍、幸運、知恵とやすらぎ、長寿、幸運、富

 

■6月の誕生石

ムーンストーン …知性、幸福、長寿
月の光のような優しい輝きは、人の心を癒す効果もあるといわれます。幸せな結婚、家庭へ導くとされます。

 

〈その他〉

アレキサンドライト…秘めた思い、沈着、勇敢

 

パール…純潔、健康、長寿、富、女王の品格、安産のお守り

 

■7月の誕生石

ルビー …情熱、慈愛、威厳、勇気
繁栄や富、平和をもたらしてくれます。情熱や深い愛情に恵まれ、身に着ける女性は必ず幸せになれるといわれています。

 

〈その他〉

カーネリアン…明晰な思考、希望に満ちて

 

■8月の誕生石

ペリドット …幸福、和合、夫婦愛
「太陽の宝石」といわれ、古代より身を守る護符として崇拝されてきました。未来を明るく照らし、希望と勇気をもたらしてくれます。

 

〈その他〉

サードニックス…幸せな結婚、夫婦和合、夫婦の幸福、結婚運、愛

 

■9月の誕生石

サファイア …誠実、慈愛、賢明、徳望
英知の石、サファイア。知性と判断力を高め、運命的な出会いやチャンスを手に入れたいと願う人にパワーを授けてくれます。

 

〈その他〉

アイオライト…自己同一性、誠実、貞、はじめての愛

 

■10月の誕生石

ピンクトルマリン…成功、希望、幸福
感受性を高め、良い出会いを引き寄せるとされています。心のバランスを整え、恋愛運を向上させるともいわれます。

 

〈その他〉

オパール…虹の輝き、純粋無垢、幸福を得る、歓喜、安楽、希望

 

■11月の誕生石

シトリン…友愛、希望、友情、繁栄
富、成功を招くとされるシトリン。明るく希望に満ちた波動を与え、持つ人が最も必要としている物事に出会わせてくれます。

 

〈その他〉

トパーズ…希望、知性、繁栄、潔白、流れをつかむ、友愛、友情

 

■12月の誕生石

タンザナイト…高貴、冷静、空想

人生の転機で迷ったときに冷静な判断力を与えるとされるタンザナイト。恋愛で迷ったときにも良き道を示すといわれます。

 

〈その他〉
ターコイズ…繁栄、神聖な愛、的中、成功の保証、安全、闘争心

 

ジルコン…やすらぎ、成功

 

誕生石を使った婚約指輪選びのポイントを教えて

Vol36_img27

他の人と異なる個性的で、オリジナリティのある素敵な誕生石をあしらった婚約指輪を選ぶために、いくつか気をつけておきたいポイントをご紹介します。

宝石の品質について

ダイヤモンドの“4C”と同じように、エメラルドやルビーを含むカラーストーンの場合も、その評価基準によって、宝石の価値が変わります。

カットや内包物の程度などが評価の対象になりますが、もっとも重要な基準は「色相(色合い、色調)」「明度(明るさ)」「彩度(鮮やかさ)」です。60点未満の品質のものを「Cクラス」、60点以上のものを「Bクラス」、80点以上のものを「Aクラス」の3つが主な評価基準。

カラーストーンを選ぶなら、Bクラス以上を選ぶと良いでしょう。

 

誕生石のあしらい方について

表面に誕生石を使う場合、誕生石だけのものよりも、サイドストーンに小さくダイヤモンドが入っていたり、逆にダイヤモンドをメインに、サイドストーンとして誕生石を使うデザインの方が「ブライダルリング」として印象が強くなるので、単独ではなくダイヤと一緒に使うことをおすすめします。

また、誕生石には、それほど硬度の高くないものや耐久性優れない宝石も含まれているので、そのような場合、表面よりもリングの内側に埋め込むなど、宝石の特性をよく知って、使い方を検討しましょう。

誕生石の楽しみ方について

「誕生石」という名前の通り、生まれ月の石を選ぶことが一般的ですが、実は月ごとの誕生石を、月ごとに取り替えて使うこともできるといいます。

また、月の誕生石が複数あることからわかるように、「絶対にコレ」と決められたものでなく、好きな宝石を選んでも構わないとのこと。

つまり、自分の誕生石はもちろん、彼の誕生石、入籍やプロポーズなどの記念月の石を自由に楽しむこともできるのです。

なかには自分の誕生石が、好みの石ではないという人もいるかもしれませんが、自由にチョイスできるのであれば、ラッキーカラーの宝石を選んでもよいかもしれませんね。

結婚する二人の大切な愛の証、婚約指輪。ふたりらしい1本にするために、そして神秘的な力が、ふたりを守ってくれるように、誕生石をあしらった婚約指輪を選んでみるのはいかがでしょうか?

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)は新たなふたりの門出への祝福。あなただけの運命のリングがここに婚約指輪シリーズ一覧

結婚指輪(マリッジリング)

ふたりで選ぶ誓いのリングは、未来へと紡ぐ幸せへのプレリュード。理想の結婚指輪(マリッジリング)を探して結婚指輪シリーズ一覧

レイヤード特集

LAYERED STYLE

ふたつが出会った時に、さらなる美しさを開花させるブライダルリング

ブライダル商品のご相談は、お近くの店舗へ

NEWS & CAMPAIGN

ブライダルフェア開催

4月6日(金)~5月27日(日)までポンテヴェキオ全店にて期間限定のサービスやプレゼントをご用意したブライダルフェア開催

BRIDAL CONTENTS

幸せのブライダルリング選び

あなたらしい運命のリングに出会うためのサービスをご紹介。夢を叶えるのはバリエーション豊かなデザインやマテリアル

COLLECTION CONTENS

ブライダルカタログ2015

最新のポンテヴェキオ・ブライダルの世界をご覧いただけます。ダウンロードはこちらから

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)の購入前に知っておきたい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

ページ先頭へ戻る
スクロール