ポンテヴェキオ

エンゲージリングとは? 婚約指輪の意味を知る

エンゲージリングとは? 婚約指輪の意味を知る

婚約指輪はいったい何のためにあるの?知っているようで、知らない婚約指輪の意味や由来をお教えします。

幼いときからずっと憧れていた婚約指輪。だけど、いったい何のためにあるの? 知っているようで、あまり知られていない婚約指輪の意味や由来についてまとめてみました。

 婚約指輪を贈る理由と意味とは。

プロポーズや結納には欠かせない婚約指輪(エンゲージリング)。
婚約指輪は婚約という約束を形にする証明としての指輪で、男性から女性に送るものです。
しかし、結婚の習慣として定着した婚約指輪も、その起源や意義については、あまり知られていません。
そこで、ここでは婚約指輪を贈る意義と、いまどきの結婚における指輪の意味について考えてみましょう。

婚約指輪の由来は?

婚約指輪とは、婚約をしたカップルが、結納の際に男性から女性へと贈られる指輪です。エンゲージリングともいいますが、正式にはエンゲージメントリング、文字通り約束の指輪です。

婚約指輪・エンゲージリングの起源は、2世紀の古代ローマ時代。諸説ありますが、プレーンな鉄の輪を、約束の履行を誓約するしるしとして用いられたのが始まりのようです。
紳士階級の間では、屋内では鉄の指輪を使い、屋外では、もっと価値のある金に取り替えたということです。ほぼその頃に婚姻の形も決まり、指輪を贈る習慣が広まったと考えられています。
当時はエンゲージリングではなく、シグニットリングと呼ばれ、男性は女性にゴールドの指輪を、女性は男性にカメオの指輪を贈る習慣だったそうです。このリングを花嫁に与えることで、家事全般を取り仕切れる権利を認めるという意味があるとされていました。
4世紀初めごろのものには、"honey"というような文字が内側に刻印されたものもあったようです。

当時はまだエンゲージリング、マリッジリングの区別はなく、9世紀になって教皇ニコラス1世が「婚約発表には婚約指輪が必要である。夫となるものは、高価で経済的な犠牲を払わなければならないような指輪を、将来の妻に贈るべき」としたことから、婚約指輪が誕生しました。

現在のように、エンゲージリング、マリッジリングそれぞれに区別され文化として定着するようになったのは13世紀以後のことです。

日本に広まったのは江戸時代の後期ごろ。さらに婚約指輪が結納品の一つとして贈られるようになったのは、1960年代だといわれています。

 なぜ、人は婚約指輪を贈り、贈られるのか

なぜ婚約指輪を贈るのか

 婚約指輪は、婚姻という約束のしるしとして、古くから花嫁に贈られ続けてきました。

指輪は“途切れることのない”円の形をしています。愛する人への “永遠に続く愛情”への願いが込められた愛の象徴でもあります。

だからこそ、婚約指輪を贈るという行為は尊く、価値があるのです。

ワタシにとって、二人にとって、婚約指輪の意味ってどんなもの?

二人にとっての婚約指輪とは


ふたりのいまの“大切な気持ち”を表す

女性なら、少なからず憧れのある指輪だと思います。
男性にとっても、決意の証として重要な意味を持つエンゲージリング。

結婚したカップルの9割近くが、婚約指輪を用意しているといわれています。 一方で「普段からつけられるデザインじゃない」、あるいは「彼に負担をかけたくない」などの理由から「必要ない」と考える人も。

婚約指輪はパートナーからの愛の証として贈られる、自分では購入することができない特別な記念の品です。

結婚を決意した今の気持ちを思い出せる婚約指輪があることは、女性にとって「愛されている」「大切に思われている」という喜びともに、安心感を与えてくれるはずです。

一方で、贈る側の男性にとっても、婚約指輪には思い入れがあるのです。

男性にだって、婚約指輪への憧れがある

男性も婚約指輪を贈りたい


女性側の「贈られたい」気持ちに対して、男性の側にも婚約指輪を贈りたい、という憧れがあり、一人前の男性として、プロポーズや婚約指輪を用意することは“男のつとめ”、と考える人もいます。

あなたがそうであるように、彼だってあなたの喜ぶ顔が見たい、あなたの夢を叶えることが自分の喜びに感じるもの。
「欲しかったけど、申し訳ない…」と諦めてしまうことは、逆に彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。

男性が女性に婚約指輪を渡すということには、けじめをつけるという意味合いも大きく含まれます。

なにより、相手の誠意と愛情が込められた指輪です。
「もったいない」などと考えず、喜んで笑顔で受け取ることが、彼への何よりの愛情のお返しかもしれません。

 想いを受け継いでいく、エンゲージリング

キャサリン妃の受け継いだ、ダイアナ妃の婚約指輪

イギリスのウィリアム王子が、キャサリン妃に贈ったエンゲージリングが、ダイアナ妃が身につけていた形見のエンゲージリングだった、というエピソードをご存じでしょうか?

これは、その家に代々伝わるリングを、新しくその家に入る花嫁に受け継ぐことで「家族の一員に迎え入れる」という意味が込められた風習によるもので、海外では古くから根付いているものです。

「結婚」とは、本人同士だけのことではなく、新たな家族が増えるということでもあります。脈々とつながれてきた“家族”を引き継ぎ、新しい幸せな家庭を築いてほしい。そんな願いのつまった婚約指輪はある意味、家族のリレーの象徴ともいえるかもしれません。

そんな物語のある婚約指輪なら、どれほど高価なものにも引けをとらない大切な指輪となるに違いないはず。

サイズ直しやリフォームを繰り返しながら、また指輪の物語を次の世代に受け継いでいけたら、と考えたら、なんともロマンティックですよね。

一生に一度にしかない、婚約という幸福な時間のためのリング。 「ふたりの大切な気持ちの証」にふさわしい婚約指輪を是非見つけてください。

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)は新たなふたりの門出への祝福。あなただけの運命のリングがここに婚約指輪シリーズ一覧

結婚指輪(マリッジリング)

ふたりで選ぶ誓いのリングは、未来へと紡ぐ幸せへのプレリュード。理想の結婚指輪(マリッジリング)を探して結婚指輪シリーズ一覧

レイヤード特集

LAYERED STYLE

ふたつが出会った時に、さらなる美しさを開花させるブライダルリング

ブライダル商品のご相談は、お近くの店舗へ

NEWS & CAMPAIGNブライダルフェア開催

11月2日(木)~12月25日(月)までポンテヴェキオ全店にて期間限定のサービスやプレゼントをご用意したブライダルフェア開催

BRIDAL CONTENTS幸せのブライダルリング選び

あなたらしい運命のリングに出会うためのサービスをご紹介。夢を叶えるのはバリエーション豊かなデザインやマテリアル

COLLECTION CONTENSブライダルカタログ2015

最新のポンテヴェキオ・ブライダルの世界をご覧いただけます。ダウンロードはこちらから

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)の購入前に知っておきたい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

ページ先頭へ戻る
スクロール