ポンテヴェキオ

あなたはどのタイプ?指のタイプ別指輪の選び方

指が太め、逆に細すぎる。節が太いから。そんなコンプレックスを感じて指輪が似合わないと思っていませんか?あなたに似合うリングの見つけ方をご紹介します。

一生に一度のブライダルリング、できるだけ自分に合ったもの、気に入ったものを選びたいものです。本人が気に入ったもので、好みに合うものが一番良いですが、どのデザインにしようか悩んだ時に、決め手となるポイントを覚えておくと、最終的な決断がしやすくなります。タイプ別にデザイン選定のポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

“私”の指に似合うリングって、どんなデザインを選んだらいいの?

はじめてのジュエリー。

何をポイントにして選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか? 

せっかくのブライダルリングなら、自分の手がキレイに見えるデザインを選びたいもの。

ただ、なかには、手が大きい、関節が太い、指が短いなど、手指にコンプレックスを感じて「リングは似合わない…」とつけることを諦めてしまう人も。

ボリュームやデザインなどを意識して、指とリングのバランスを取れば、必ず似合うリングが見つかるはずです。

リング選びでは、自分の指の「長さ」と「太さ」を知ることが大切。

もっと楽しく指輪選びをするために、チェックしておきたいポイントを学んでみましょう。

指の特徴を理解して、一生愛せる運命の指輪を手に入れましょう。

似合うリングのデザインは「指とリングのボリューム感」で決まります。

リングのデザインを気に入っても指の形とのバランスが悪く、意外に似合わなかったということが時々あります。

指輪をつけてみると、それまで気付かなかった手や指の個性があらためて見えてくることも多く、自分の手や指の形に合ったリングは実際に試着してみないと判断が付かないものです。

思いの詰まった大切なリング。まずは、指のタイプやリングのバランスを理解して、試着を繰り返しながら丁寧に選んでいきましょう。

太くて短い指に似合う指輪

太めで短めの指、赤ちゃんの指のようで可愛らしい印象の手。

極端に細いリングは糸が食い込んだ様に見えて、かえって指の太さを目立たせてしまいます。

アームの太さは、ノーマル~やや太めのアームで、ラインがスッキリとした雰囲気のものがおすすめ。

V字、ウェーブなど変化のあるデザインも、全体に動きが出るので細く見える効果が得られます。

バランスの良いタイプ

センターストーン型、ボリュームに変化があるタイプ、V字、ウェーブなどアーム(カーブタイプ)のデザイン

避けたほうが良いデザイン

幅広アーム、シルエットが縦長のもの、ボリューム感のあるもの、極細など華奢なデザインのもの

太くて長い指に似合う指輪

大きい手や長い指は、比較的どんなデザインでもキレイに見える指です。

デザインとしては、幅がやや太めで、ボリュームがある華やかなタイプのリングがおすすめです。

細く華奢なデザインをお望みの場合、単体のままでは逆に指のボリュームが目立ってしまうことになるので、結婚指輪など、ほかのリングとの重ねづけでボリュームUPさせて楽しむことがオススメです。

・バランスの良いタイプ

アームの幅が広い、ボリューム感のあるデザイン、ストレートライン、縦長シルエットのもの、太めのV字、ウェーブなどアーム(カーブタイプ)のデザイン

・避けたほうが良いデザイン

華奢なデザインのもの

節が太い指に似合う指輪

指が細くても、節が目立つ、節が太いということを気にしている人もいます。

節が太い人の場合、節を通るサイズのリングをつけざるを得ないので、指の付け根ではサイズが合わずゆるくなってしまうことがあります。、幅がやや太め、ボリュームがある華やかなタイプだったら、少しゆるめのサイズがむしろ着け心地も良くおすすめです。

・バランスの良いタイプ

幅広デザインのもの、ストレートラインのもの、エタニティのような全周均一デザインのもの

・避けたほうが良いデザイン

センターストーン型、華奢なデザインのもの

細くて短い指、細くて長い指に似合う指輪

細めの指の場合は、比較的どんなデザインでも似合うので、さまざまなデザインを楽しむことができます。ただし、指の細さに対して、ボリューム感のあるデザインのリングを合わせると、逆に指の印象が貧弱に見えて、バランスが悪く見えることもあるので、適度なサイズ感のものを見つけて。

・バランスの良いタイプ

華奢なデザインのもの、ストレートライン、センターストーン型、ボリュームに変化があるタイプ、V字、ウェーブなどアーム(カーブタイプ)のデザイン

・避けたほうが良いデザイン

指の細さに比べてボリューム感が有り過ぎるデザイン

リングの色は、肌なじみで選べばOK。

肌の色によっても、似合うデザインやカラーは変わると言われています。

自分に似合うリングの色はどうやって選んだら良いのでしょうか?

色白な肌には、その肌の色をより引き立たせてくれるホワイト

色白の肌には、地金をホワイト(シルバー色)カラーにするのがおすすめです。

プラチナやホワイトゴールドといった銀色の素材から作られた婚約指輪を選ぶことで、 色白の肌をよりキレイに引き立ててくれる効果があります。

小麦色の肌なら、イエローゴールドで、ナチュラルな肌なじみを

色黒の肌には地金をゴールドカラー、特にイエローゴールドにするのがおすすめです。

ゴールドの色みが健康的な肌色にしっくりとなじむので、とても美しく見えます。

ゴールドカラーに抵抗があるなら、プラチナとコンビになっているタイプや、ほかの素材のリングとの重ねづけで色の雰囲気を中和させても良いでしょう。

指輪の色を決めるのは素材です。ブライダルリングでは、主に「プラチナ」「ゴールド」が一般的です。

色で大別するなら、「シルバー色(プラチナ、ホワイトゴールド)」、「イエローゴールド」、「ピンクゴールド」の3系統に分けられ、ある程度似合う肌色に傾向があります。

ただし、指輪は地金だけで構成されているものばかりではありません。

また、地金の色も、濃いものから淡い色のものまでさまざまなバリエーションがあります。

さらに、プラチナとゴールドがコンビになっているものや、無色のダイヤから色付きの宝石が入ったものもあります。

それ以外にも装飾の形や大きさのバランスで、色みの印象も大きく変わるので、まずはお店で試着して、自分の指にぴったりの指輪を見つけてください。

リング素材の持つイメージから選ぶ

リング素材と自分の肌との相性はもちろんですが、素材の持つイメージから自分に似合う色を探すこともできます。

・プラチナ(ホワイトゴールド) … 上品でクール、理知的な印象

・イエローゴールド … 明るく華やかでゴージャスなイメージ

・ピンクゴールド … 女性らしく柔らかい、可愛らしい雰囲気

普段のファッションやライフスタイルなどから、自分にはどんなイメージが似合っているのか、素材の色が持つイメージと、いつもの自分、なりたい自分の雰囲気に似合う色を選ぶ、といったセレクトもおすすめです。

イメージを固めすぎず、プロの意見にも耳を傾けて

本当に似合う指輪を見つけるカギは、ショップ巡りにあります。

もちろん、好みは大切ですが、実際にショップで指輪を見て、試着をして、はじめて自分に似合うリングがどんなものなのかがわかってきます。

はじめから「好みではない」などと否定せず、プロの意見にも耳を傾けて、しっかりと的確なアドバイスを受けるようにしてみましょう。

店頭で指輪を試着するときの、注意ポイント

手元だけではなく、全身をうつして、トータルな雰囲気をチェック

手もとを見て似合うと思っても、全身で客観的にみると、しっくりこないと感じることがあります。指輪をつけた自分が、ほかの人からどのように見えているのかなど、いろいろな角度から確認をしましょう。

マリッジを選ぶ時には、普段使いのネイルで

特にマリッジリングの場合、普段使いが前提となることが多いので、デート仕様の派手めな印象のネイルでリング選びをしてしまうと、どうしても華やかな、ネイルにまけない商品を選びがちです。

マリッジリングは、毎日身につけていることが多いもの。使いたい日常のシーンをきちんとイメージして下見に臨みましょう。

あなたの指に似合うリングは必ずあります。自分ではコンプレックスに思っている特徴を生かして、逆に魅力に変える。あなたらしいリングを見つけてください。

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)は新たなふたりの門出への祝福。あなただけの運命のリングがここに婚約指輪シリーズ一覧

結婚指輪(マリッジリング)

ふたりで選ぶ誓いのリングは、未来へと紡ぐ幸せへのプレリュード。理想の結婚指輪(マリッジリング)を探して結婚指輪シリーズ一覧

レイヤード特集

LAYERED STYLE

ふたつが出会った時に、さらなる美しさを開花させるブライダルリング

ブライダル商品のご相談は、お近くの店舗へ

NEWS & CAMPAIGNブライダルフェア開催

11月2日(木)~12月25日(月)までポンテヴェキオ全店にて期間限定のサービスやプレゼントをご用意したブライダルフェア開催

BRIDAL CONTENTS幸せのブライダルリング選び

あなたらしい運命のリングに出会うためのサービスをご紹介。夢を叶えるのはバリエーション豊かなデザインやマテリアル

COLLECTION CONTENSブライダルカタログ2015

最新のポンテヴェキオ・ブライダルの世界をご覧いただけます。ダウンロードはこちらから

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)の購入前に知っておきたい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

ページ先頭へ戻る
スクロール