ポンテヴェキオ

婚約指輪とウェディングネイルで、輝く手もとを印象付けたい!

ネイルファッションを普段からやっている人も、そうでない人も、ブライダルは、ネイルファッションが重要なイベントの一つ。花嫁らしく、私らしい、ネイルについて、考えてみました。

結婚指輪の交換や宣誓書へのサイン、リングをした写真など、花嫁の手もとは意外と注目が集まりがちです。そんな最高のハレの日とも言える結婚式は、指先のネイルだって美しくありたいですよね。

でも、ウェディングネイルって、どうやって選んだらいいのでしょうか?今回はネイルデザインの疑問を、当日までに徹底的に磨き上げたい手もとのお手入れ術とともに、ご紹介します

デザインの前に、ネイルの種類を考えましょう

 

vol29_1ネイルの種類

 

まず自分の生活スタイルや爪の状態に合わせて、 自分に合うネイルの種類を決めましょう。

 

 

ネイルデザインを楽しみたい! 時間に余裕があるなら

・ジェルネイル

自爪にジェルをのせて、UVまたはLEDライトで硬化させる技法です。発色がよく美しく仕上がるだけでなく、強度があり傷つきにくいため人気があります。

 

・スカルプチュアネイル

爪の上にアクリル素材で人工爪を形成する技法です。爪の長さや形を自由に調節でき、アートの保ちも良いです。ただし、お直しやオフは必ずサロンで行う必要があります。

 

仕事の都合などで爪が伸ばせない、すぐにネイルオフが必要なら

どうしても仕事柄や生活上、爪を伸ばせない…という方もいるかと思います。また、スカルプ ネイルもジェル ネイルも、オフは自分では難しいので、挙式後すぐにオフしなければいけない場合には向きません。その場合は、ネイルチップor自爪がおすすめです。

 

・ネイルチップ

あらかじめデザインされたネイルチップを専用の接着剤や両面テープなどで自分の爪に装着する「つけ爪」のことです。付け方にもよりますが、取れ易い場合がありますので、式中に注意する必要があります。

 

・自爪

自分の爪に直接マニキュアを塗り、デザインをします。ある程度の長さがあったほうが、指が細く長く見えて、デザインもしやすくなりますので、事前に爪を伸ばしておくと良いでしょう。

 

 

ウェディングネイルとリングの関係は、“バランス”

2

 

「ウェディングドレスに映えるデザインもいいけれど、リングも引き立てたいし、自分らしさも演出したい」と、ついつい欲張ってしまう花嫁も多いのではないでしょうか。

ウェディングネイルのデザインの場合、「引き立たせたい(強調したい)ポイント」を絞って選んだほうが良いと言われています。 ここでは、「指輪を引き立たせるネイルデザイン」について解説します。

 

リングを引き立たせる、ネイルって

まず、指輪を引き立たせたいのであれば、控えめのネイルがオススメです。華やかな会場やドレス、指輪の輝きを邪魔しないよう、ラインストーンなどキラキラするような、ジュエリーと似た特性の装飾は、ワンポイント使いなどで控えめに。

かわりに、カラーやグラデーション、またドレスをイメージさせるレース柄など、アートで楽しめば控えめになりすぎず、おしゃれな印象があります。

 

3

 

パヴェリングやセットリングなど、リング自体にボリューム感のあるものなら、指輪の輝きとのバランスを考えて、エレガントな印象のネイルを心がけたいですね。

 

 

和装なら、リングもネイルも“シンプル”を心がけて

5

 

基本的には、ドレスの場合と考え方は同じですが、肌の露出が少ない分、手もとの印象はより強く印象に残ります。

和装はその色や柄・文様など、衣裳自体がとても華やかなので、ネイルは華美になりすぎないようホワイトやピンクなど淡いナチュラル系統の色に抑えておくほうが無難です。

リングについては、ウェディングドレスの場合、左手薬指の結婚指輪のほかに、記念の婚約指輪を右手にはめて当日を過ごす花嫁も多いのですが、和装の場合は、結婚指輪のみでシンプルな手もとであったほうが、ふさわしいと考えられています。

実際に、和装の前撮りなどでは「(できれば)結婚指輪で」と指定されることが多いようです。

白無垢など「紅」の色が差し色に使われている場合などは、ネイルに取り入れてみるのも素敵です。

 

6

 

結婚式でのお色直し、ネイルも“お色直し”できる?

一般的に、お色直しの最中というのは、まるで「戦場」と例えられるほど、着替えやヘアメイク、写真撮影など、とてもネイルを変えているほどの余裕はない、と言われています。

それでも、ネイルのお色直しを考えているのなら、挙式用のネイルは、表面が平坦なアートにしておき、披露宴やその後のお色直しでは、あらかじめアートを施したチップを用意して、そのつど変えてみる、という方法がおすすめです。

たった数時間のイベントではありますが、こだわって選んで、ようやく迎えた結婚式ですから、指の先まで彩って人生史上最高の美しさを演出しましょう。

 

美しい花嫁の手もとづくりには、セルフでのハンド&ネイルケアも重要

7

 

サロンでの手入れはもちろん、結婚式当日に美しいウェディングネイルをするためには、日頃のケアが大切です。

そこで、日常のハンド&ネイルケアから、挙式直前にぜひ行ってほしいサロンでのスペシャルケアまでをご紹介します。ツヤツヤな綺麗な指先で、挙式を迎えましょう。

 

 デイリーケア

美しい手肌があってこその美しい指先なので、日常的に手肌の保湿をきちんとするようにしましょう。

爪まわりへのキューティクルオイルケアや、こまめにハンドクリームを塗るのを忘れずに。

ネイルには、ある程度爪の長さが必要になるので、早いうちから長さなど好みの形になるように、やすりなどで整えて準備しておきましょう。

 

ナイトケア

手肌の乾燥はシワやささくれの原因。

血行の良くなる入浴時には、ディープクレンジングを行います。お風呂あがりや就寝前のリラックスタイムには、ハンドマッサージと、美容液やキューティクルオイル、クリームなどを手や爪にたっぷり塗布して。仕上げはグローブを装着して眠っている間の集中保湿。美容液成分の浸透を促しましょう。

 

 スペシャルケア

日頃のケアをキチンと行っている場合でも、挙式直前にはサロンでのケアを。

ネイルケアに加えて、ハンドエステマッサージで余分な皮脂や角質の除去など、サロンならではのスペシャルケアで、うるおい豊かな手肌に生まれ変わりましょう。

ゆったりとリラックスし、贅沢な気分を味わえるのも、リラックス効果を与えてくれるはずです。お姫さま気分を味わえるスペシャルケアで、花嫁になる日に向けての気持ちが高まってくるはずです。

指輪の交換や、婚約指輪のお披露目など、指先が注目を浴びる結婚式。

ウェディングネイルで、指先まで満足できる私に仕上げてくださいね。

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)は新たなふたりの門出への祝福。あなただけの運命のリングがここに婚約指輪シリーズ一覧

結婚指輪(マリッジリング)

ふたりで選ぶ誓いのリングは、未来へと紡ぐ幸せへのプレリュード。理想の結婚指輪(マリッジリング)を探して結婚指輪シリーズ一覧

レイヤード特集

LAYERED STYLE

ふたつが出会った時に、さらなる美しさを開花させるブライダルリング

ブライダル商品のご相談は、お近くの店舗へ

NEWS & CAMPAIGN

ブライダルフェア開催

11月2日(金)~12月25日(火)まで期間限定のサービスやプレゼントをご用意したブライダルフェア開催

BRIDAL CONTENTS

幸せのブライダルリング選び

あなたらしい運命のリングに出会うためのサービスをご紹介。夢を叶えるのはバリエーション豊かなデザインやマテリアル

COLLECTION CONTENS

ブライダルカタログ2015

最新のポンテヴェキオ・ブライダルの世界をご覧いただけます。ダウンロードはこちらから

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)の購入前に知っておきたい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

ページ先頭へ戻る
スクロール